忍者ブログ

繁盛ノウハウ。となりのお店はなぜ流行る?

となりのお店はなぜ流行る?集客とリピート客を確保するノウハウの紹介です。
09«  2018/10  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »11
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

チラシの作り方のキモ

チラシの作り方って、色々ありますよね。

画像をたくさん入れればいいとか、
文字だけの方が、他のチラシと差別化できて良いとか、
商品のこだわりを入れればいいとか、

でも一番大事なのは、まず、チラシを見た人の心を揺さぶることです。

お客さんというのは、

読まない・聴かない
信じない
行動しない

と言います。

チラシなんか読もうと思ってないし、
チラシの内容なんか信じないんです。
ましてや行動することなんて、、

だからお客さんに行動してもらうためには、
まず感情を揺さぶるしかありません。

ではどうやれば、そう言うことができるのか。

こちらのダウンロード教材で学んでください。

素人でもあらゆる場面でスグに使える!&効果を実感!魔法のコピーライティング術


隠れたロングセラー商品です。
PR

集客のアイデアは、意外なところにある

小さなお店のためのマーケティング「ゲリラマーケティング」を読むと、
集客にはクリエイティビリティ(創造性)が大事だとあります。

クリエイティブなマーケティングというのは、
簡単に言うと「あっと思う様な集客法」のことなんですね。

たとえば、恐ろしく顧客が集められる「速攻集客法」というノウハウを販売されている集客・独立開業・独立起業・研究会のホームページでは、面白い事例が紹介されています。

たとえば、潰れかけのガソリンスタンドが、お客さんを集めた意外な方法。

→宅配便の取り次ぎを始めた

→ガソリンスタンドに寄る理由を作った


お客の来ない整体院のとった、ある人対象の無料サービス券配布。

→近くの薬局や医院をまわって、そこの従業員に整体の無料券を配って、
お客さんを紹介してもらった

→整体院を利用する見込み客が立ち寄りそうなところにいる人に
 整体を体験してもらって、紹介してもらった。


こういうアイデアは、チラシや広告を打って集客することしか考えていない経営者には、思いつきません。

業種ごとに気の利いた集客方法があると言うより、自分のお店の商圏内にいるはずのお客さんがどこにいて、何に困っているのかを考えた結果が、こういうアイデアにつながったわけですね。

だから集客方法というのは、ケースバイケースで、アイデアをひねり出す必要があります。

だけどそう言うことができる人は少ない。

たくさんの事例の中から、まずできそうなことをピックアップしてみましょう。

恐ろしく顧客が集められる「速攻集客法」

法人営業、新規顧客開拓、少ないお金ででもできる方法

法人相手の営業というのは、なかなか難しいもんですよね。

まず、自分のところの商品やサービスを必要としている法人が、どこにいるのか分からない。

法人相手の営業となると、巡回訪問と言うことになりますが、その巡回先自体が決まらなければ、やみくもに訪問するという限りなく非効率な営業方法になってしまいます。

いわゆる「飛び込み営業」というやつですね。

しかし飛び込み営業というのは、やる方も訪問される方も、かなり面倒な方法で嫌になります。

しかも時間がかかる上に、成約率はものすごく低い。

こんな事をしていると、開業資金や営業資金はすぐに底をついてしまいます。

何か法人相手の集客法を学ばないと。

こちらで教われます

▲営業方法できまる営業力!新規開拓営業の苦痛を解消する、
小さな会社のための「簡単営業ノウハウ」

お店の集客、テレビ・雑誌に取り上げられろ!

強い集客法として、テレビ雑誌の取り上げられる方法がある。

テレビや雑誌に取り上げられると、お客さんが詰めかける。

そのせいで常連さんが来れなくなるので、取材拒否のお店も結構ある。

ただ、それほど繁盛していないお店の場合、取材拒否なんてとんでもない。
是非とも取材して欲しいと思うもの。

もちろん、お金を出せば、取り上げてもらえる。

たとえばタウン誌などでは、
十万ほどお金を払って取材をしてもらうという、方法もある。

タレント事務所などから、中堅クラスの女性タレントに
取材をしてもらうというような方法もある。
こちらはタレントによって料金は様々だが。

しかし、そんなにお金を使わずとも、マスコミというのは、
鵜の目鷹の目で、話題を探している。

向こうは毎日・毎週・記事や時間を埋めないと
いけないわけだから、一定のレベルにある話題なら、取り上げてくれる。

しかしどんな話題なら取材を受けられるのか?
取材してもらう方法とは何か?

それは、、、、
★【0円PR術】広告費ゼロ円(無料)で新聞・テレビ・雑誌などのマスコミから取材を受けて、テレビ・新聞・雑誌・ラジオなどで無料であなたのお店や商品を宣伝してもらえる0円PR方法

美容院の集客・チラシ

美容院集客には、どういう方法があるのか?

これは集客のセオリーとしては当たり前だけれど、

美容院に行く必要がある直前に集客する・チラシをまく

ってことだ。

たとえば結婚式に出席する女性は、その前に美容院に行く。

子供の学校の父兄参観日とか、保護者面談や家庭訪問があるときは、
その前に美容院に行く。

そう言う風に、美容院に必ず行かなければならないタイミングというのは
色々ある。

となると、そう言うタイミングの少し前に、
集客用の葉書なりチラシなりをまく必要がある。

「お客さん」とひとくくりにしてはいけない。

自分の美容院に来ているお客さんを分類して、
その属性毎に別のアプローチをする必要がある。

ただし、誰にどんなアプローチをしてるかは、
他のお客さんには分からないようにする必要もあるけどね。



美容室専門 ゲリラ流 集客マニュアル

フリーエリア

このページをブックマーク
様々なブックマークサービスがご利用頂けます。

ブログ内検索

最新記事

古い記事

カテゴリー

アーカイブ

| HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 繁盛ノウハウ。となりのお店はなぜ流行る? --  All Rights Reserved
Design by CriCri
忍者ブログ  /  [PR]