忍者ブログ

繁盛ノウハウ。となりのお店はなぜ流行る?

となりのお店はなぜ流行る?集客とリピート客を確保するノウハウの紹介です。
04«  2017/05  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »06
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どん底の飲食店が、奇跡的に復活した集客方法とは?

小さな飲食店の、奇跡の集客法

行けいけドンドンで飲食店を開業して、最初はうまくいっていたのに、
ある時から右肩下がり。売り上げは落ちるし客数も落ちる。

そうして頼りにしていた店長達には逃げられ、
挙げ句の果てには売り上げまで持ち逃げされた。

抱えた借金は、なんと5000万円。

倒産寸前に、ある『集客マニア』と出会った。
彼の名は、集客アドバイザー 阿保武和。

彼と出会った事で、考え方がガラッと変わり、
そして奇跡的に飲食店の売り上げがV字回復!

果たしてその集客方法って何だ?

前年同月比なんて、意味無いじゃん



飲食店がこだわる毎月の売り上げ。

毎月毎月、一月の売り上げを計算し、
去年の同じ月と比べてどうだった?、、、って考える。

でもこれって、会計上の作業であって、実は集客とは関係ない。

大体去年の同じ月と比べてどうだった?っていうのは
比較の対象としては意味あるが、
今、売り上げを伸ばすためには、何の意味もない。

しかも去年の同じ月って行ったって、休日の数も違うし、
土曜日の数も違ったりする。それは実は比較の対象になりにくい。

百貨店なんかの売り上げなどだと、これを修正してデータを出すわけだけど、
小さな飲食店にとってはほとんど意味がない。

それよりも問題は、「先週と比べてどうだったか?」ってこと。
去年の同じ月と比べても、実は何にも努力しようがない。
去年の事はもう忘れているわけだし、環境も違うわけだから。

去年はライバル店がなかったが、今年は近くにライバル店ができた。
あるいはライバル店が集客に成功して、向こうにお客を取られた。

そう言った変化は1年後にはハッキリするだけで、
小さな変化は毎週起こっている。

なので、去年の同月と比べても売り上げアップにはつながらない。
比べるなら、先週とだ。

そして先週と何を比べればいいか? それは、、、、、

★ドン底だった飲食店が一躍繁盛店へと大逆転!
わずか60日でお客さんを2倍にする、
誰にでもカンタンにできる集客方法!






PR

フリーエリア

このページをブックマーク
様々なブックマークサービスがご利用頂けます。

ブログ内検索

最新記事

古い記事

カテゴリー

アーカイブ

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 繁盛ノウハウ。となりのお店はなぜ流行る? --  All Rights Reserved
Design by CriCri
忍者ブログ  /  [PR]