忍者ブログ

繁盛ノウハウ。となりのお店はなぜ流行る?

となりのお店はなぜ流行る?集客とリピート客を確保するノウハウの紹介です。
12«  2017/01  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »02
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

飲食店経営、前年同月比なんて意味がない

飲食店の集客を考えるとき、前年同月比は全然意味がない。

これは結果であって、「減ったな」「増えたな」としか言いようがない。

しかも比較するには、曜日日数が異なるから、無理がある。
だから経営を考えるための資料としては役立たない。

経営を考えるなら、去年の同じ月と比較するのではなくて、
前週と比較してどうだったかってことだ。

前々週と比べて前週はどうだったか。
前週と比べて今週はどうだったか。

こういう比較でないと、意味がない。

そして比べるのは売り上げではなくて「客数」だ。

客単価は変動する



売り上げというのは、客数×客単価だ。
スーパーなんかだと、もっと細かく
客数×商品単価×買い上げ点数
という風に分けて考える場合もある。

しかし、飲食店にとっては、客単価よりも客数が大事だ。
お客さんが来なければ客単価も上げようがない。

お客さんにも懐事情というモノがあるし、
また季節によっても、イベントによっても客単価は変動する。
これはもう飲食店という業態では、仕方がない事だ。

となると、飲食店の経営で目指す方向は決まってくる。
「客数」だ。

毎週毎週、客数だけに着目して経営する。
客数を増やす事に集中する。

どうやったら客数が増えるか。これに神経を使う。
そうすると、必然的に、売り上げが上がるようになる。

少ない客からたくさん取ろうとしても、無理。
続きはこちらで↓

★ドン底だった飲食店が一躍繁盛店へと大逆転!
わずか60日でお客さんを2倍にする、
誰にでもカンタンにできる集客方法!





PR

フリーエリア

このページをブックマーク
様々なブックマークサービスがご利用頂けます。

ブログ内検索

最新記事

古い記事

カテゴリー

アーカイブ

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 繁盛ノウハウ。となりのお店はなぜ流行る? --  All Rights Reserved
Design by CriCri
忍者ブログ  /  [PR]